会社概要


ご挨拶

弊社は、ニードルベアリングの加工・製造を中心に、精密機械部品の中でも、 薄肉切削(旋盤)加工の技術に優れています。 真円率の極めて高い製品も得意で、真円度0.05mm以下、大きさは、直径5mmから800mmまで加工できます。 また、試作品開発の分野でも、少量多品目生産に対応した、高い技術の切削(旋盤)加工を提供しています。

「ものづくり」への思い

「企業は人なり」

ものづくりは人づくり、というコンセプトをもとに高い技術と、より良い品質で、付加価値の高い製品を提供いたします。特に薄肉切削の超精密加工においては、オンリーワンを目指します。

人材育成にかける情熱

「会社の成長は人の成長」

人を活かす経営をモットーに、当社独自のテクニカルマイスター制度にて、ヒューマンスキル(人としての能力)とテクニカルスキル(技能・技術)の両方の能力を向上させています。

将来の目指す姿

独自の技術開発により、提案型の試作・開発企業を実現し、NASAなど、世界的な優良企業が必要とする会社を目指します。

【 会社概要 】

会社名 株式会社 山岸製作所
所在地
TEL/FAX

【本社工場】
〒370-0081
群馬県高崎市浜川町590-23
(浜川工業団地内)
TEL: 027 - 360 - 4100 (代)
FAX: 027 - 344 - 5850

 

【八幡工場】
〒370-0883
群馬県高崎市剣崎町27-1
TEL: 027 - 387 - 0505

 

【箕郷テクニカルセンター】
〒370-3102
群馬県高崎市箕郷町生原1199

代表者名 代表取締役 山岸 良一
創業年度 昭和37年(1962年)
資本金 3,000万円
従業員数  120名(派遣社員含む)
工場面積 【本社工場】
敷地 4,129平方m 工場建物 1,478平方m
【八幡工場】
敷地 2,680平方m 工場建物 1,068平方m
業務内容

金属加工業 / 精密機械加工業

CNC旋盤・マシニングセンター・複合加工機を
用いての金属機械加工業

主要取引先

日本精工株式会社

ミネベアミツミ株式会社

株式会社NCネットワーク

NEOMAXエンジニアリング株式会社

日本トムソン株式会社

不二越機械工業(株)         

…順不同

【 企業沿革 】

平成26年4月 八幡工場 増設
平成26年3月 JIS Q 9100:2008 認定取得
平成21年5月 第三工場 増設
平成17年11月 群馬県経営革新計画の承認を受ける
平成17年8月 第二工場 増設
平成16年3月 研究開発部門の強化を図る
平成14年10月 高崎市優良中小企業表彰受賞
平成13年12月 JIS 9001:2000 認定取得
平成13年10月 群馬県一社一技術選定に認定される
平成8年5月 高崎市浜川工業団地に本社工場を移転する
平成7年3月 法人組織を【株式会社 山岸製作所】に改める
資本金3,000万円となる
代表取締役 山岸 良一
平成5年1月 ロボットによる工場無人化へ着手
昭和60年12月 事務処理へコンピュータ導入
昭和59年9月 法人化により 有限会社 山岸製作所 と社名変更
資本金800万円
代表取締役 山岸 鍋夫
昭和55年9月 機械設備にコンピュータ導入
昭和52年10月 工場を群馬郡箕郷町生原 (現 高崎市箕郷町生原) に移転
昭和37年10月 高崎市大橋町において現会長 山岸 鍋夫が【山岸製作所】を創立

【 受賞歴 】

平成27年3月 経済産業省による「がんばる中小企業・小規模事業者300社」受賞
平成25年3月 群馬県知事認定による群馬県優良企業表彰「ものづくり部門」大賞受賞
平成25年11月 都道府県協会情報化優良企業表彰にて優秀企業賞受賞
平成25年11月 キャリア支援企業表彰2013にて厚生労働大臣表彰受賞
平成25年1月 日刊工業新聞社による第30会優秀経営者顕彰「日刊工業新聞社賞」受賞
平成24年10月 社団法人日本経営士会ビジネスアワード2012特別賞受賞
平成24年3月 日刊工業新聞社による「日本でいちばん大切にしたい会社」審査員特別賞受賞
平成22年3月 群馬県知事より認定された職業訓練校「ヤマギシテクニカルセンター」開校
平成20年4月 文部科学大臣認定による創意工夫功労者賞受賞
平成17年11月 経営革新計画の承認取得