金属の気持ちになって加工する 〜ステンレス〜

ステンレスはクロムやニッケルを含ませた合金鋼のことで、「ステイン」(Stain、汚れ)「レス」(less、ない)という意味から「ステン」や「サス」と呼ばれることもあります。

オーステナイト系の代表的なものにはSUS304. SUS316などがあり、M2・M3などの電子部品や厨房設備、化学薬品を扱う機械器具、構造物、鉄道車両の外面など、さまざまな場面で用いられています。
近年多く普及している電磁調理器に対応したやかんや鍋などにも一部使用されています。

その特徴は

  • 粘りがある
  • 耐食性、耐酸性が良好
  • 高温強度が大きい

しかし、その反面で

  • 寸法精度が出しずらい
  • 微小ネジが加工しずらい
  • SUS303は快削ステンといって切削性が良く加工しやすいが若干錆びる
  • 熱伝導性が悪いため表面硬化を起こしてしまうため、切削性が悪い
  • SUS304は熱伝導性が悪く、切削を行うと刃先に熱がこもりやすく寸法精度および面荒らさを出しづらい →「難削材」の部類に入るなどの難点があります。

などです。

金属の気持ちになって加工する 〜ステンレス〜

山岸製作所におまかせ!

近年、特にモーター関係および半導体製造装置はSUS304を多用していますが、薄肉にするには変形しやすいため加工が困難とされています。
山岸製作所では、この困難な素材でも変形しないで薄く高精度に加工できます。

  • 金属の特徴を知り尽くしたメンバーが、必要な事前処理の適切なタイミングを検討・決定しています。
  • 適切な事前処理を施してから加工することにより、加工熱や加工応力を除去し、ミクロンオーダーの寸法を出すことができます!

塑性変形をいかに起こさずに、削る状態から切る状態に持っていくのがポイント!なのです。

  • 薄肉切削加工とは?
  • 連携によるご提案
  • 品質保証
  • ヤマギシテクニカルセンター
  • ご依頼の流れ
  • ここがスゴイ!
  • よくいただくご質問
  • アルミニウム
  • チタン・難削材
  • 低炭素鋼・SS材料
  • ステンレス

TOPへ戻る

お問い合わせ


株式会社 山岸製作所
E-mail : info@yamagishi-ss.com

【本社工場】
〒370-0081
群馬県高崎市浜川町590−23
(浜川工業団地内)
TEL : 027-360-4100 (代)
FAX : 027-344-5850

【八幡工場】
〒370-0883
群馬県高崎市剣崎町27-1
TEL : 027-387-0505
FAX : 027-388-1711
株式会社山岸製作所